きれいな肌

肌の正しいスキンケア法

毎年シーズンの初めには、今年のメイクという宣伝文句が聞こえてきますが、ほとんどいつも同じ、結局は透明感のある美しい素肌ということのようです。それだけ、時代が変わっても皆が望む答えは変わらないということなのではないでしょうか。誰でも憧れる美肌を手に入れるために、どうすれば最短距離で近づけるのでしょうか。スキンケアを本気で見直すのなら、何といっても一番最初は洗顔です。これは最も基本であり、最重要課題でもあります。洗顔料なんて洗い流すものだから何でもいい、ということはありません。洗顔料の選び方ひとつで、肌の状態は大きく変わります。皮膚は健康な人は弱酸性なので、どうしてもアルカリ性のものはデリケートなタイプの人には刺激があるようです。とはいうもののメイクをオフするばあいには、やさしいタイプの洗顔料だけでは不十分なため、クレンジングをする必要があります。そうするとどうしても界面活性剤は不可欠になりますので、上手に利用し、しっかりゆすぐようにします。メイクの汚れが肌表面に残っては、トラブルやアレルギーの元になるからです。汚れをしっかり洗い流した後には、保湿が絶対に欠かすことはできません。美肌の基本はまず清潔、洗顔であり、その次には保湿だと言って過言ではないでしょう。言いかえれば、このふたつができていれば、後はおまけのようなものです。大切なのはしっかりと水分を角質層にまで届けることと、いかにその水分を蒸発させないよう維持させるかというこということに尽きます。与える成分としては、角質層の主成分であるセラミドやヒアルロン酸などは基本中の基本で、そのほかには人それぞれの好みや相性で選んでいけば問題ありません。季節によっては、スクワランを数滴、スキンケアに加えることもおすすめです。

敏感肌、乾燥肌を改善する方法

敏感肌や乾燥肌を改善する為には内側からのケアが重要です。化粧品によっては外からケアするだけでは根本的な改善をすることは難しいですし、なかなか肌質は良くなりません。そもそも肌の調子が良くないのは乾燥が根本原因にあり、そして乾燥によって本来のバリア機能が損なわれています。バリア機能が低下することで外的な刺激を受け易くなりますが、内側からきちんとケアすることで改善させていくことができるのです。乾燥によってバリア機能が低下する理由はどこにあるのかと言えば、関連性が強いのが生活習慣です。睡眠不足や偏食、暴飲暴食などの不規則な食事、さらにはお酒やたばこなども良くありません。こうした生活習慣が慢性化している状態ですと、やがて血液循環や代謝機能に影響を与えてしまいますし、本来ならスムーズに血液で運ばれるべき栄養素や老廃物が滞るようになり、丈夫で強い角層を作ることができなくなります。その結果、バリア機能が低下してしまい、弱い肌状態へと導いてしまうのです。生活習慣を改善する為にはまず毎日6時間以上は眠るようにすることが大切です。睡眠中というのは脳や体の活動が低下し、皮膚や内臓への栄養供給が行われる時間です。そして新陳代謝の促進に必須の成長ホルモンが分泌される時間でもあります。そして新陳代謝は約6時間掛けて行われると言われていますので、毎日6時間以上は眠るようにした方が良いのです。食生活の改善も必須ですが、食事ではたんぱく質やアミノ酸といった栄養素きちんと補給するのが鍵です。栄養不足になると皮膚のセラミドが作られ難くなるのですが、セラミドというのは肌を守る為の重要な成分です。セラミドが作られないようではバリア機能が低下するのも必然であり、肌も弱くなってしまいます。そこで必要になるのがたんぱく質やアミノ酸などであり、これらの栄養素をしっかりと摂取することによって丈夫な肌を作り易くなるのです。

美肌になるには睡眠が大事

「睡眠はお肌の敵」と言われるほど、睡眠が肌の調子に大きな影響を与えていると言われていますが、実際にどのような影響があるのでしょうか。肌に「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間があります。午後10時~午前2時のことで、ストレスや紫外線などによって傷ついた肌を補修し、美肌の素となるコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す成長ホルモンが分泌されていると言われていました。ゴールデンタイムに睡眠をとらなければ肌の補修に必要な成長ホルモンの分泌が行われないため、その時間にしっかり眠らなければならないと言われていましたが、現在では睡眠の質が大事だと言われるようになっています。成長ホルモンが肌の補修を促すことは変わりないのですが、睡眠を始めてから3時間の間に成長ホルモンが分泌されるため、その3時間がゴールデンタイムであるというデータが発表されました。そのため、睡眠から3時間という時間にしっかりと睡眠をとることが大事だと言われていて、途切れることなくぐっすりと眠ることが重要です。一度寝付いてもまた目が覚めてしまう時には、その分だけ成長ホルモンの分泌が行われなくなってしまうのです。質の良い睡眠をとるために、寝る直前の飲食は避けるようにします。睡眠に使われるエネルギーが食事の消化に使われてしまい、眠りが浅くなってしまいます。入浴も1時間ほど前までに済ませる、アロマなどを使ってリラックスしたり、ストレッチを行うことで身体の緊張をほぐし、しっかりと深い睡眠をとれるようにしましょう。眠る直前までパソコンやスマホを使うのも、睡眠に良くありません。なるべく30分~1時間前にはパソコンやスマホの利用をやめるようにしましょう。

■美しい肌を目指すならまずはこの薬でニキビの悩みを解決しましょう
クリンダマイシンは塗り薬タイプのニキビ治療薬